痙攣性便秘とは?

便秘にはそれぞれ原因も違い、種類もいろいろあります。
その中でも多くの人が経験している痙攣性便秘について考えてみましょう。
この便秘は、いわゆる便秘と下痢を互い違いの起こすタイプの便秘です。
その理由は腸のぜん動運動が強くなってしまったときに起こるとされています。
ぜん動運動が強くなる理由は、まだはっきりしていないことがたくさんあるようです。
腸のぜん動運動が活発になると吸収されるはずの水分が出てしまう下痢症状になります。
そして腸が緊張状態になってしまうと、今度は便が下へと移動しなくなって、たまってしまい便秘状態になります。
この繰り返しが痙攣性便秘症状となるわけです。
この痙攣性便秘が起こる原因で分かっていることは、自律神経の乱れが関係しているとのことです。
しかし自律神経の乱れのはっきりした理由は、まだ分かっていないということも事実です。
しかし交感神経と副交感神経がうまくチェンジすることで、自律神経のバランスが保たれています。
この辺がアンバランスになることで起こる便秘だと言われています。
例えば生活習慣が乱れている、睡眠がしっかりとれてない、ストレスなど自律神経のバラスの乱れはいろいろなことで起こります。
社会に出てストレスをたくさん抱え込む男性の方が女性より多く、この便秘になると言われています。
仕事だけでなく人間関係なども大きなストレスになるのではないでしょうか。
しかしこのように考えると、最近は男性と同じように働く女性が増えてきたので、このタイプの便秘は男性が多いタイプとも言えなくなるかも知れません。


[Recommend Site]
便秘を体験したサイト管理人が自分の解消法などを紹介しているサイトです ⇒ 便秘 体験